プラセンタとは胎盤エキスのことです。
主に美容関連で聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。
実は一口にプラセンタといってもさまざまな種類があります。

現在使われている主なものは

  • ウマ
  • ブタ
  • ヒツジ
  • 人間

などです。
ウマのプラセンタは高級品として知られています。

  • 胎盤をとるウマ自体の血統が良い
  • さまざまな成分が含まれている
  • 1頭からとれる胎盤が少ない

などの理由から高額になってしまうのです。

ブタのプラセンタは

  • 子だくさん
  • 胎盤が一度にたくさん取れる

という理由から最も一般的です。

ヒツジのプラセンタは、国によって流通量が違います。
欧米では一般的ですが、日本ではあまり使用されません。

人間のプラセンタは、主に医療用として使われます。
病気の治療で使う場合には、保険適用される場合もあります。
美容目的で使いたいという場合には、クリニックと相談・交渉する必要があります。
その際は保険が適用されず費用が高額になる可能性があるので事前確認を行ってください。

プラセンタは胎盤エキス、ということは哺乳類由来ということになります。
しかし中には「植物由来のプラセンタ」と呼ばれているものもあります。
生物学的には胎盤ではないので、理解した上で使用するようにしてください。