プラセンタという名称を聞いたのはずいぶん前の事です。興味が湧いたので調べてみたことを憶えています。

「胎盤」から抽出された成分だと知り、正直言って、大丈夫なのだろうかという印象がありました。植物由来成分には抵抗がないのに、動物由来の成分という点で抵抗がありました。「胎盤」に由来する成分という点でも抵抗があったのは否定できません。あれからずいぶん時間が経ちました。ごく自然に利用されているようです。十分吟味されたものが使われていると聞きました。

動物、ブタやウマの胎盤も使われているようですが、衛生的な管理がされ、衛生面でも同様に管理された農場で育ったブタやウマのものを仕入れているようです。メーカーの基準も厳しく、検査なども厳重のようです。

高い品質と安全が確保されているもののみ使用され製品化されているのは、今や常識と言えそうです。人によっては「胎盤」由来という点で、モラルに反しているのではと考える人もいるようです。しかし考えてみれば、古くから焼き鳥店では「コブクロ」と呼ばれるものが提供されています。動物の「子宮」です。何の抵抗もなく食品として利用している人も多いのではないでしょうか。

私個人としては、やはり抵抗があるのです。おそらく、商品一般としての「口コミ」まで知らないからだと思います。使用している人の思いが分かれば利用するかも知れないのです。