VIO脱毛をする目的は「衛星面」「介護脱毛」「身だしなみ」等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪になる前に、介護に備えた、介護脱毛を!

将来の介護に備えた脱毛
介護脱毛は、将来介護が必要になったときのため、脇やVIOなどを脱毛しておくというものです。
介護者の負担を少しでも軽減できるよう、40~50代の方々の間で関心が高まってきています。
何か起こるその前に、将来の準備としての脱毛をオススメしております。

出典:https://www.ksclinic.jp/depilation/nursing.html

 

デリケートゾーンの脱毛は、今や女性のエチケットです。
最近、将来の介護される日に備えて、脱毛される方が多くみられます。
白髪になると、レーザー脱毛は効果が期待できません。
白髪になる前に、介護に備えた、介護脱毛を!

出典:https://kanakuri.net/service/vio-popularity-shapes/

 

いざ自分が介護を受ける身となった時のために、事前にVIOゾーンの脱毛をしてケアしておくことは、「介護脱毛」や「介護VIO脱毛」と呼ばれています。現在、介護施設などでもケアの一部として注目されてきています。
すでにワキや腕など見える部分の脱毛は完了していたけれど、親近者の「介護」をきっかけに、40代~50代以上の方々がVIO脱毛を利用されるケースが増えてきているのです。

出典:https://shibu-cli.com/lohas-datsumou/knowledge/nursingcare.php

 

今や3人に2人が行っているというVIO脱毛

その最も多いの理由として「衛生面」があげられます。
毛が生えていると、毛に菌が付着し増殖するため匂いの原因にもなります。
また、毛がなくなると生理時のむれやかぶれを防げるため楽になったというお声も多数いただいています。

出典:https://ei-me.jp/%E6%A2%85%E7%94%B0%E3%81%A7vio%E8%84%B1%E6%AF%9B/

 

水着や下着など、アンダーヘアがはみ出してしまった経験はありませんか?VIO脱毛をすることで、デザイン性の高いTバックやビキニなどにチャレンジすることができます。

出典:https://wi-clinic.com/dep-vio/

 

白髪のアンダーヘアにレーザーが反応しない
医療レーザー脱毛は、黒いものにだけに反応するレーザーを毛根へ照射することで脱毛を行います。
そのため白髪にはレーザーが反応せず脱毛を行うことが出来ません。
年齢を重ねるとアンダーヘアーも白髪になってきますので、その前に処理をされることをおすすめしております。

出典:https://spacli.com/menu/depilation_vio/

 

クリニックによってはVIO脱毛の痛みを軽減するため麻酔クリームを用意

痛みを軽減するための取り組みについて
当院ではVIO脱毛の痛みをできるだけ軽減するため、医療脱毛ならでは取り組みとして麻酔クリームを用意しております。
これは、クリームを対象部位に塗布し20分~30分程待つだけの簡単な麻酔でので痛みに弱い方の場合、この麻酔クリームを使用させていただきます。

出典:https://www.softmedi.net/depilation/vio/

 

他のクリニックで医療レーザーによるVIO脱毛を経験された方の感想として多いのが、「とにかく痛くて辛かった…」というもの。

VIOは、肌がデリケートで毛も太いため、他の部位と比べても痛みを感じやすい部位です。

出典:https://idea-clinic.jp/menu/vio/

 

デリケートゾーンの医療脱毛は、毛量が多く太い毛が密集していることから、他の部位に比べ痛みが強いと言われています。そのため、池袋フェミークリニックでは、少しでも痛みを軽減できるよう、照射のスピードの調整や、冷却時間を長めに取るなどの対策を行っています。

出典:https://www.femmy-ikebukuro.com/depilation/vio/

 

医療レーザーは永久脱毛、光脱毛は減毛・抑毛
医療レーザー脱毛は、脱毛したい部分にレーザーを照射すると、黒いメラニンや毛包のみに反応し、その熱で毛根部を破壊する医療行為です。毛根細胞を破壊する行為は医療行為になるため、エステや脱毛サロンで行われる光脱毛は正確には脱毛ではなく、毛根細胞を弱らせる減毛・抑毛です。

出典:https://miselclinic.com/epilation

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。